logo
englishenglish
top con gyomu pro cost toi blog

pro



logo


ミトラ国際インドネシアは、日本とインドネシア をつなぎ、両国がより良い関係を保ちながら、
お互いの環境は生活の発展を両国の人々が共有していくことを目指しています。

その目的を実現するためには、業界の枠組みを超えて様々なプロジェクトや交流活動が可能だと思っています。

日本は超高齢化社会が到来し、地方の過疎化、労働人口の減少、年金受給の問題、マーケットの縮小といった先進国特有の社会システムの問題が顕在化しています。労働人口の減少 は、技術立国日本の根幹である‘ものづくり‘の仕組みをも変えつつあり、日本で開発したものを海外で生産するという、人間でいえば脳だけを日本に残して、生産 や販売といった体は海外マーケットに依存するという生産システムへと変化し続けています。このことから今後、脳にあたる開発といった領域でさえも、日本から離れていく、あるいは海外との関係で成立するようになることは明らかでしょう。

一方、インドネシアは国民の平均年齢が29才(日本は45才)であることからも解かるように、若々しい活力に溢れた国です。日本のような完成度の高さからはかけ離れた未完成のインドネシアには良く悪くもプロジェクト開発のポテンシャルに溢れています。 成熟した日本と未熟なインドネシア、社会・ビジネスの課題や問題の組み合わせ、掛け合わせ次第で、お互いに利益を得ることが可能と考えています。

私たちカンパニーの名前にはミトラ(Mitra)というインドネシア語で‘パートナー‘を意味する言葉を使用しております。
 
『ミ トラ国際』とは『国際パートナー』ということ。
 
私たちは国際事業展開のインドネシアパートナーとしてプロジェクトに参加します。

海外で展開することが期待されるポテンシャルの高い優れた技術や商品、サービスをインドネシアに誘致し、それによって人々や環境、技術、社会基盤が良くなる。そんなポテンシャルの高い活動にプロジェクトパートナーとして参加しながら、長期に渡って持続可能なプロジェクト を発展させていくことが、私たちの使命です。

今後とも‘ミトラ国際‘をよろしくお願いします。

2015年10月
 

◆会社概要

PT. Mitra Kokusai Indonesia (株式会社 ミトラ国際インドネシア)

 


代表取締役社長: Agung Budi Hartanto (九州大学工学部卒業、大学院修了、Panasonic 勤務、在日10年)
開設日: 2015年1月
資本金: Rp.300,000,000-
取引銀行: BCA銀行
パートナー:日本人1名、インドネシア人2名
スタッフ:10名
専門分野: 建築・電気・機械系など ‘ ものづくり 自然科学技術分野 ‘ のデザイン、エンジニアリング、コンサルティング、デベロップメ ント
 
◇ジャカルタ オフィス :
 
Ruko Taman Kebalen Indah Blok 6-1 No. 25 RT.07 RW.16, Kebalen, Babelan, Bekasi, West Java, Indonesia

 

◇サイト運営

  JPID (日本&インドネシア・ビジネスプラットフォーム)

2018年1月現在


トッ プコンセプト業務内容サービスマッププロジェクト|プロフィール|ご相談費用お問合せブログ
 
国際プロジェクト構想&開発のパートナー
ミトラ国際インドネシア
| Jakarta,INDONESIA & Fukuoka,JAPAN |

Copyright : (C) 2016, PT.Mitra Kokusai Indonesia. All rights reserved.